看護の仕事に向き不向きはありますか? 

看護師向き不向きに関する画像

どんな仕事でも、向き不向きというものはあります。それは看護の仕事だって同じです。一生ものの手に職となる看護師ですが、性格的に不向きだったら、働き続けるのは自分にとっても辛いですし、周囲にも迷惑をかけることになりかねません。

 

看護の仕事に向いている人として一番に考えられるのは、看護の仕事に興味がある人、やる気を抱いている人、でしょう。一見当たり前にも思えるこれらの事柄ですが、先にも述べたように一生ものの手に職となるのが看護師の資格です。

 

中には、看護の仕事には興味も関心もないけれど、生活のために、安定性のために仕方なく看護の仕事に就こうという人も多くいるのです。そういった人でも、実際に働いていく中で割り切って仕事に熱中できれば上手くやっていくことはできます。

 

しかし、厳しい労働形態の看護師という職の中ではどうしても不満が多くなってしまいますから、次第に辛い気持ちが強くなるでしょう。そういう意味では、中途半端な気持ちで、看護のことをよく知らないでただなんとなく看護の職を選ぼうとしている人は、看護の仕事には不向きであるともいえます。

 

また、人の生死に触れるのが恐い、血を見るのが怖いと言う人ももちろん不向きです。
しかし、看護師でも生死にかかわらない科もあるのでそこを検討してみましょう!

看護の仕事に向き不向きはありますか?関連ページ

看護師転職の現状とは?
看護師転職の今の現状はどんな状況なのでしょうか?看護師の需要が多くなっている状況でしっかりと転職するためには?
准看護師とは?
看護師の中でも准看護師とはどのような存在ないのでしょうか?看護師と准看護師との大きな違いはどんなものなのか?
看護師はストレスでギャンブルにはまりやすい?
看護師はストレスでギャンブルにはまりやすいといわれていますよね。それはどんな原因があってギャンブルにはまってしまうのでしょうか?
専門看護師や特定看護師(仮称)との違いは?
専門看護師や特定看護師(仮称)との違いはどんなところにあるのでしょうか?看護師の中でも専門性が高い看護師の違いは?
ブランクのある看護師でも教育充実の看護師求人
ブランクのある看護師でも教育充実の看護師求人というのはあるのでしょうか?ブランクがあると非常に不安ですがそれを解消してくれる求人はあるの?

このページの先頭へ戻る